ハンカチの瑪の強い尼はシリーズTONDA 1950組の虹の飛行する陀はずみ車の腕時計をよくわきまえています
市場の人気がある流派は今のところ、クール華麗な虹をまぶしく刺して設計を閉じ込めます――シリーズTONDA 1950組の虹の飛行する陀はずみ車の腕時計をよくわきまえていて、精巧で美しくて煌びやかで美しい“虹”が小屋を表すのはきわめてはなやかで、また複雑で精密な飛行陀はずみ車装置によく合って、高の顔値は結び付けて卓の品質を超えて、1件の精妙で並み外れている芸術の佳作と称することができます。(腕時計の型番:PFH279-1064600-HA2121)

ハンカチの瑪の強い尼はシリーズTONDA1950組の虹の飛行する陀はずみ車の腕時計をよくわきまえていて非常に人を魅惑してきらきらと美しい外観を持って、まばゆい両虹の様式設計に明滅してたいへん瞳を吸い込みます。閉じ込めて40粒の漸進的変化のカラーの宝石を象眼したのを表して、宝石の彩りが虹にとても似ているため、そのため名声を得ます“虹の小屋”

注意深く腕時計を観覧して、ブランドは時計の時計の小屋所が色の入り乱れている漸進的変化のカラーの宝石を象眼した以外にを除いて、その内部はまた(まだ)曲がっている月の造型と同じに砂金石の盤面が設置されていて、そしてその外縁が同様に一サークルの漸進的変化のカラーの宝石を象眼した、光栄で光り輝く、盤面上で作って自然界の虹の類の持ってくる光学PCCWの効果のようだ、を除いて設計するとても巧みです。

虹の漸進的変化の宝石にとても似ている以外、ハンカチの瑪の強い尼はまた(まだ)時計の文字盤の2段式ベッドの上段で572粒真っ白くてまばゆい白色のダイヤモンド(を埋め込みして、いつも再び約1.402カラット)、2つの煌びやかで美しい虹を腕時計の上で気が合わせて映る彰、製造しだすのがいっそう超美の手首の間で光栄です。腕時計は18Kバラの金を添えて殻を表して、側面は技術処理を売り払うを通じて(通って)、金属だけあったのが精密できめ細かい美感を潤しを現します。時計の文字盤の直径は40ミリメートルで、厚さは9.4ミリメートルで、からだ設計を表すのは比較的非常に細いです。すばらしい水滴の形が耳の弧度を表すのがなめらかで、つけ始めるのは非常に心地良いです。

外観の方面で、この腕時計の“両”の虹設計はすでにとても素晴らしくて、配置の方面で含めて、それも全く見劣りしないで、内部はハンカチの瑪の強い尼の独占で設計する小型の自動皿の飛行する陀はずみ車のチップを搭載して、チップの厚さは3.4ミリメートルだけあって、肝心な点のモジュールはチップの上弦の950プラチナの金の小型が陀を並べるのにあって、それは直接集めてなり主な添え板の中で、そのためできない超過の増加の一層の厚さ。

正面を観覧して、この腕時計陀はずみ車装置設置盤面の上の7.08分で場所、これはへためにこの時間の生まれるブランドの創始者のミッシェルにあります.ハンカチの瑪の強い尼先生は敬意を表します。ただ重いだけの0.255グラムのチタン金属陀はずみ車が設置されていて構築を設置して、品質を利用して更に軽くて、慣性の更に低いチタン合金が陀はずみ車を製造して構築して、そのため陀はずみ車の効率と腕時計の時間単位の計算の精度が皆上がりをさせます。腕時計は1条のあでやかな赤色のエルメスの皮革の腕時計のバンドを配備して、色はたいへん人の皮膚の色を下に敷いて、バラの金の時計の鎖の選択可がまだあります。

今のところ市場の虹が腕時計を閉じ込めるのもとても火のように熱いで、上述のこれはシリーズTONDA1950組の虹の飛行する陀はずみ車の腕時計をよくわきまえていて巧みな“両虹”の設計と超薄の飛行陀はずみ車で多い虹の小屋の腕時計の中で才能がすべて現れて、顔値を兼備するのがと内在します。


前ページ: 潜水する新しい勢いの力波のなんじの技師のシリーズが自由で深く潜んで腕時計を伝承します
次ページ: チップの高い1万をかえますか?新作オメガはとても値を奪い取りますか?

 
ホーム >>ハンカチの瑪の強い尼はシリーズTONDA 1950組の虹の飛行する陀はずみ車の腕時計をよくわきまえています
ハンカチの瑪の強い尼はシリーズTONDA 1950組の虹の飛行する陀はずみ車の腕時計をよくわきまえています
市場の人気がある流派は今のところ、クール華麗な虹をまぶしく刺して設計を閉じ込めます――シリーズTONDA 1950組の虹の飛行する陀はずみ車の腕時計をよくわきまえていて、精巧で美しくて煌びやかで美しい“虹”が小屋を表すのはきわめてはなやかで、また複雑で精密な飛行陀はずみ車装置によく合って、高の顔値は結び付けて卓の品質を超えて、1件の精妙で並み外れている芸術の佳作と称することができます。(腕時計の型番:PFH279-1064600-HA2121)

ハンカチの瑪の強い尼はシリーズTONDA1950組の虹の飛行する陀はずみ車の腕時計をよくわきまえていて非常に人を魅惑してきらきらと美しい外観を持って、まばゆい両虹の様式設計に明滅してたいへん瞳を吸い込みます。閉じ込めて40粒の漸進的変化のカラーの宝石を象眼したのを表して、宝石の彩りが虹にとても似ているため、そのため名声を得ます“虹の小屋”

注意深く腕時計を観覧して、ブランドは時計の時計の小屋所が色の入り乱れている漸進的変化のカラーの宝石を象眼した以外にを除いて、その内部はまた(まだ)曲がっている月の造型と同じに砂金石の盤面が設置されていて、そしてその外縁が同様に一サークルの漸進的変化のカラーの宝石を象眼した、光栄で光り輝く、盤面上で作って自然界の虹の類の持ってくる光学PCCWの効果のようだ、を除いて設計するとても巧みです。

虹の漸進的変化の宝石にとても似ている以外、ハンカチの瑪の強い尼はまた(まだ)時計の文字盤の2段式ベッドの上段で572粒真っ白くてまばゆい白色のダイヤモンド(を埋め込みして、いつも再び約1.402カラット)、2つの煌びやかで美しい虹を腕時計の上で気が合わせて映る彰、製造しだすのがいっそう超美の手首の間で光栄です。腕時計は18Kバラの金を添えて殻を表して、側面は技術処理を売り払うを通じて(通って)、金属だけあったのが精密できめ細かい美感を潤しを現します。時計の文字盤の直径は40ミリメートルで、厚さは9.4ミリメートルで、からだ設計を表すのは比較的非常に細いです。すばらしい水滴の形が耳の弧度を表すのがなめらかで、つけ始めるのは非常に心地良いです。

外観の方面で、この腕時計の“両”の虹設計はすでにとても素晴らしくて、配置の方面で含めて、それも全く見劣りしないで、内部はハンカチの瑪の強い尼の独占で設計する小型の自動皿の飛行する陀はずみ車のチップを搭載して、チップの厚さは3.4ミリメートルだけあって、肝心な点のモジュールはチップの上弦の950プラチナの金の小型が陀を並べるのにあって、それは直接集めてなり主な添え板の中で、そのためできない超過の増加の一層の厚さ。

正面を観覧して、この腕時計陀はずみ車装置設置盤面の上の7.08分で場所、これはへためにこの時間の生まれるブランドの創始者のミッシェルにあります.ハンカチの瑪の強い尼先生は敬意を表します。ただ重いだけの0.255グラムのチタン金属陀はずみ車が設置されていて構築を設置して、品質を利用して更に軽くて、慣性の更に低いチタン合金が陀はずみ車を製造して構築して、そのため陀はずみ車の効率と腕時計の時間単位の計算の精度が皆上がりをさせます。腕時計は1条のあでやかな赤色のエルメスの皮革の腕時計のバンドを配備して、色はたいへん人の皮膚の色を下に敷いて、バラの金の時計の鎖の選択可がまだあります。

今のところ市場の虹が腕時計を閉じ込めるのもとても火のように熱いで、上述のこれはシリーズTONDA1950組の虹の飛行する陀はずみ車の腕時計をよくわきまえていて巧みな“両虹”の設計と超薄の飛行陀はずみ車で多い虹の小屋の腕時計の中で才能がすべて現れて、顔値を兼備するのがと内在します。


前ページ: 潜水する新しい勢いの力波のなんじの技師のシリーズが自由で深く潜んで腕時計を伝承します
次ページ: チップの高い1万をかえますか?新作オメガはとても値を奪い取りますか?